セブンルール|レイソン美帆が働く小杉湯の場所はどこ?経歴は?7/7

【セブンルール|レイソン美帆が働く小杉湯の場所はどこ?経歴は?7/7】

「セブンルール【銀行員から転身!高円寺の創業87年老舗銭湯番頭・レイソン美帆】」

今回の放送では、

・昭和8年創業、長い歴史を持つ高円寺の老舗銭湯「小杉湯」の名物番頭・レイソン美帆。
銀行員から転身し「自分のいるべきところが見つかった」と語る彼女のルールとは?

という内容が放送されるようです。

そこで今回は、

【セブンルール|レイソン美帆が働く小杉湯の場所はどこ?経歴は?7/7】

について見ていきたいと思います。

セブンルール|レイソン美帆って誰?経歴は?7/7

今回のセブンルールにする女性は、レイソン美帆さんという方です。

そんな、レイソン美帆さんの経歴を見ていきましょう。

レイソン美帆さんは、銀行員という経歴から銭湯の番頭という特殊な転身をした方なんですね。

詳しい経歴は不明となっていますが、レイソン美帆さんは18歳で東京都へ上京をしてきました。

元々の出身は宮崎県。なぜ銭湯の番頭へと転身をしてたのかというと、常連だったことから「番台やってみない?」と誘われたこと。

実は、その銭湯のおかげもあってイギリス出身の男性と国際結婚をしているんです。

年齢についてわかりませんが、20代ぐらいではないかと思います。

セブンルール|レイソン美帆が働く小杉湯の場所はどこ?7/7

そんな、レイソン美帆さんが働く銭湯の場所ですが高円寺という場所。名前は小杉湯。

この小杉湯ですが創業87年の古き良き公衆浴場となっていて歴史が感じられます。

詳しい場所の住所は、杉並区高円寺北3-32-2で定休日は木曜日となっています。

入場料は、大人470円、中人180円(小学生)、小人80円(幼児)とお手頃価格です。

「セブンルール|レイソン美帆が働く小杉湯の場所はどこ?経歴は?7/7」のまとめ!

レイソン美帆さんがどういう経緯で銀行員から番頭になったのか詳しい理由が気になりますね。

銀行員の安定した仕事を手放したぐらいですからしっかりとした理由があるのでしょう。

番頭をしたおかげでイギリス人の男性と結婚もできたようですのでまさに運命だったのでしょうね!