世界一受けたい授業|山奥ニートとは何か!?7/11

【世界一受けたい授業|山奥ニートとは何か!?7/11】

「世界一受けたい授業」

 

今回の放送では、

・山の中で集団生活しているニート!?新しい生き方「山奥ニート」に密着!

・バーチャル入学式、オンライン授業!話題のN高等学校とは

・SNSで他人を過剰に攻撃!正義中毒

といったことについて放送されるみたいですね!

 

そこで今回は、

【世界一受けたい授業|山奥ニートとは何か!?7/11】

について、詳しくみていきたいと思います。

世界一受けたい授業|山奥ニートとは何か!?7/11

山奥ニートという言葉を聞いたことはあるでしょうか?そんな生活あるの?と思う方もいると思うので調べて見ました。

山奥ニートとは、山奥にある限界集落で集団生活を営む人たちのことを呼んでいるみたいです。

もともとは、石井あらたさんという方が第一人者で、山奥ニートと呼ばれるようになったのだそう。

石井あらたさんは、2014年に和歌山県田辺市が過疎となった集落へのニート・ひきこもりの移住を募っていることを知り、ネットで知り合ったニート仲間と移住しました。そこでの生活をSNSやブログで発信しているうちに「山奥ニート」が誕生したのだそう。

生活費は月2万円にも満たないくらいで生活をし、収入源は集落のお手伝いや広告収入で暮らしているみたいです。

ニートと名乗ってはいますが、必要最低限のお金で生活して、山奥での生活に居場所を見出した人を「山奥ニート」と呼ぶのですね。

山奥ニートを確立させた石井あらたさんですが、その生活の魅力とはいったい何なのでしょう?

世界一受けたい授業|山奥ニートの魅力7/11

社会との関わりを減らして山奥で生活をしていても、人との関わりは欠かせません。

同じ信念で共感している仲間が集まっているから助け合い必要最低限のお金でそれ以上の価値のある生活ができているのですね!

川で釣りをしたり、山で山菜を採ったり生活にお金をかけないからこそ見えてくる「ありがたさ」がある生活が山奥ニートに詰まっています。

【世界一受けたい授業|山奥ニートとは何か!?7/11】まとめ

今回は、

【世界一受けたい授業|山奥ニートとは何か!?7/11】

について、詳しくみてきました。

山奥で自由に、人と助け合って暮らしているのは楽しそうですね!