教えてもらう前と後|萩原季実子の経歴は?美文字メソッドのポイントとは?7/7

【教えてもらう前と後|萩原季実子の経歴は?美文字メソッドのポイントとは?7/7】

「教えてもらう前と後【EXIT10分で美文字★多部未華子vsみやぞん(秘)お買い物」

今回の放送では、

・ポイントは…たった5つ!「文字が不気味」なEXITの衝撃変化を見よ!
・これで『おうち時間』が激変しました!情報通の芸能人が本気で購入…おススメ&便利グッズ大公開

という内容が放送されるようです。

そこで今回は、

【教えてもらう前と後|萩原季実子の経歴は?美文字メソッドのポイントとは?7/7】

について見ていきたいと思います。

教えてもらう前と後|萩原季実子の経歴は?7/7

たったの10分で驚くほど上達する「美文字メソッド」ということで、美文字講師・萩原季実子先生が登場をするようです。

私も、字が汚いのでこの美文字というのにはすごく憧れがあります。

そんな、美文字講師・萩原季実子先生ですが経歴はどうなんでしょうか?見ていきたいと思います。

名前:萩原季実子
生年月日:1985年
出身地:新潟県新潟市

萩原季実子先生は、広告代理店・イベント企画会社で8年間勤務をしたようです。

元々、電話営業などが苦手だったようで昔から手紙を書くことが好きだったことから「一筆せん・お礼状・封筒の宛名」を営業ツールに。

すると、「年間売上No.1/MVP賞」「新規顧客開拓No.1」など獲得。すごい実績となったのです。

現在は、書道ペン字教室などもしているようです!

教えてもらう前と後|萩原季実子の美文字メソッドのポイントとは?7/7

そんな、萩原季実子先生美文字メソッドのポイントとはどこなんでしょうか?

・斜め45度に必ず「打ち込み」を入れる。習字のように。
・「一、二、三」の横線を綺麗に書けるように
・余白を味方につけるには「ヨコ線スキマ」と「しかくの逆台形」

と、上の3つを意識するだけで大人っぽい字へとなるようです。

最近は、スマホ・PCなどデジタル文字が多くて横線や縦線など真っすぐに書いてしまいがちですからね!

私自身も上のポイントを気を付けていきたいと思います。

「教えてもらう前と後|萩原季実子の経歴は?美文字メソッドのポイントとは?7/7」のまとめ!

萩原季実子先生について、文字によって営業成績が延びたという経歴はすごいことですよね。

どんどんデジタル時代になっていますが、その中でもやはり文字を書く場面はたくさんあります。

だからこそ綺麗に書けるようにしていきたいですね。